NO,5

合格点 45 点 ( 50 点満点 )
制限時間 30 分

残り時間


テストを開始するには [テスト開始] ボタンを押してください。

問題 1.

自動車検査証や自動車損害賠償責任保険証明書または責任共済証明書は大切なものなので、車に備え付けないで自宅で保管すべきである。

問題 2.

1図の標識は「一方通行」であることを意味する。

1図

問題 3.

2図の標識は「車両進入禁止」であることを表している。

2図

問題 4.

自動車は歩行者専用道路でも徐行をすれば通行してもよい。

問題 5.

前方が混雑しているため踏切内で停止するおそれがあるときは、進むことができない。

問題 6.

3図の標示は前方に優先道路があることを示している。

3図

問題 7.

「白いつえ」を持っている歩行者の側方を通るときは、警音器を鳴らしながら通る。

問題 8.

発進するときは、とくに発進の合図をする必要はない。

問題 9.

路面電車を追越すときはレールが道路の左側に寄っている場合の他はその左側を通る。

問題 10.

4図の標示は「進行方向別通行区分」を意味する。

4図

問題 11.

電車が通過した直後であれば、車は踏切の直前で安全を確かめれば一時停止の必要はない。

問題 12.

5図の標識は「路線バス専用通行帯」を意味する。

5図

問題 13.

道路の曲がり角付近、上り坂の頂上付近やこう配の急な下り坂を通行するときは徐行しなければならない。

問題 14.

標識等により速度が指定されていない一般道路での普通乗用車の最高速度は時速60キロメートル毎時である。

問題 15.

6図の標示は「転回禁止」を意味する。

6図

問題 16.

交差点の直前に一時停止の標識はあったが、停止線がなかったので徐行して交差点に入った。

問題 17.

7図の標識は「駐停車禁止」意味する。

7図

問題 18.

8図の標識は「転回禁止」を意味する。

8図

問題 19.

車両通行帯のないトンネルで追越しのために進路を変えたり前車の側方を通過してはならない。

問題 20.

近くに交差点がない道路で後方から緊急自動車が近づいてきたときは車は左端に寄り必ず一時停止をしなければならない。

問題 21.

横断歩道を横断する人がいないときは、横断歩道から30メートル手前であっても追越しや追抜きができる。

問題 22.

原動機付自転車は時速30キロメートル毎時を超えて運転してはならない。

問題 23.

徐行か停止をしようとするときの手による合図の方法は、腕を車の外に出して斜め下に伸ばす。

問題 24.

路線バスが方向指示器等で発進の合図をしたときは、後方からきた車はすみやかにバスの側方を通過する。

問題 25.

中央線が黄色の実線を示している道路では、追越しのために右側部分にはみ出してはならない。

問題 26.

「進行方向別通行区分」の指定がある交差点で、その区分に従って右折するときは合図をする必要はない。

問題 27.

9図の標示は「立入禁止」部分であることを表している。

9図

問題 28.

オートマチック車をやむを得ず下り坂に駐車する場合にはチェンジレバーはPの位置にしておく。

問題 29.

交差点の手前で信号に従って車がならんでいたが、その右側方を通って車の前を横切って通過した。

問題 30.

同一方向に二つの車両通行帯がある道路で、右側の車両通行帯を通り続けた。

問題 31.

横断歩道に近づいたとき、歩行者が横断しようとしていたので停止線の手前で一時停止をした。

問題 32.

信号が青色の灯火を示しているときに交差点を右左折するときは徐行しなくてもよい。

問題 33.

仮免許を受けて路上練習をする場合、その車を運転することができる第一種免許を受けて通算して3年以上の人か、第二種免許を受けている人を運転席の横に乗せ指導を受けて運転する。

問題 34.

左側部分の幅が7メートルある道路で前方の見通しがきき、安全だったので右側部分にはみ出して前車を追越した。

問題 35.

警察官や交通巡視員の手信号や灯火による信号よりも、信号機の信号が優先する。

問題 36.

路線バス等優先通行帯が設けられている道路では、バス以外の車両は通行してはならない。

問題 37.

交差点やその付近で緊急自動車が近づいてきたときは、交差点を避けて道路の左側によって徐行しなければならない。

問題 38.

狭い坂道ですれちがいをするときは上りの車より、下りの車が優先である。

問題 39.

黄色の灯火の点滅信号に対面した車が、他の交通に注意して進行した。

問題 40.

優先道路を通行している場合でも、左右の見通しがきかない交差点に入ろうとするときは徐行しなければならない。

問題 41.

前車が右折しようとして道路の中央に寄ったので、その右側を追越した。

問題 42.

交差点に近づいたとき手信号をしていた警察官が両腕を垂直に上げたのでそのまま通過した。

問題 43.

進路の前方に障害物があるときは、反対方向から来る車より先にその場所を通過するように速度を出す。

問題 44.

左側部分の交通が混雑しているときは、道路の右側部分を通行できる。

問題 45.

車の運転者は決められた速度の範囲内であれば道路や交通の状況等を考えて運転する必要はない。

問題 46.

右折するときは交差点の手前の側端から30メートル手前の地点に達したときに合図する。

問題 47.

転回禁止の標識があっても他の車両の通行を妨げるおそれがなければ転回してもよい。

問題 48.

酒に酔って運転してはならないが、少量の酒気をおびた程度なら運転してもよい。

問題 49.

道路に面した場所に出入りするためであっても、車は歩道や路側帯を横切ってはならない。

問題 50.

やむを得ず急ブレーキを使用する場合もあるから、前車の速度、積荷の状態を考えて安全な車間距離を保つ。


お疲れ様でした。「採点」ボタンを押して採点してください。

ワンポイントアドバイス!!
ここをクリックすると解説が見れます。しかし、教本などを使用してご自身で問題を解決するほうが、記憶に残りやすいと思われます。