問1
左折をするときや、工事などでやむを得ない場合には専用通行帯を通行することができます。






問2
問いの通りです。ただし、急ブレーキなどで避けなければならない場合を除きます。







問3
問いの通りです。歩行者がいるときには徐行です。







問4
問いの通りです。上りの車は発進が難しいからです。







問5
問いのとおりです。「むやみ」な使用はひかえてエンジンブレーキを活用します。







問6
問いの通りです。矢印の向きに注意!







問7
一時停止をしなければなりません。







問8
問いの通りです。







問9
状況や天候を考えて運転する必要があります。







問10
問いのとおりです。







問11
追抜きも禁止されています。







問12
問いのとおりです。







問13
問いのとおりです。







問14
問いの通りです。エンジンブレーキを活用します。







問15
安全な間隔をあけて徐行もしくは一時停止です。






問16
問いの通りです。携帯電話の使用による事故が増えてます。






問17
問いの通りです。







問18
30メートル手前です。






問19
問いの通りです。破線か実線かの違いに注目!






問20
この場合は制動距離が影響されて停止距離ものびます。






問21
問いの通りです(二段階右折により右折する原動機付自転車はできない)。






問22
問いの通りです。事故や渋滞の原因を作ります。






問23
これは「空走距離」のことです。






問24
問いの通りです。安全な間隔をあけて徐行もしくは一時停止が必要です。






問25
歩行者も通行できません。






問26
問いの通りです。






問27
見通しが良くても徐行すべき場所です。






問28
徐行でも内輪差は生じます。






問29
問いの通りです。「車両通行止」と間違えないように!






問30
問いの通りです。一時停止の義務はなくても進路をゆずる義務はあります。






問31
問いの通りです。






問32
問いの通りです。後部座席もシートベルトを着用しましょう。





問33
歩行者がいなくても一時停止が義務です。






問34
問いの通りです。追越しは右側から行うのが原則です。






問35
追越し禁止場所ではありません。






問36
問いの通りです。「優先」か?「専用」か?に注意!






問37
問いの通りです。






問38
問いの通りです。それらの車両は通行できます。







問39
問いの通りです。3秒前ではありません。







問40
問いの通りです。






問41
「左方」です。







問42
追越しや追抜きは禁止してません。






問43
問いの通りです。前方の状況に注意しましょう!






問44
問いの通りです。






問45
問いの通りです。






問46
問いの通りです。この標識は「車両横断禁止」です。






問47
問いの通りです。






問48
あらかじめ寄せる必要があります。






問49
問いのとおりです。






問50
「速度の数字」−「15」で45メートルぐらい必要です。