NO,1

合格点 45 点 ( 50 点満点 )
制限時間 30 分

残り時間


テストを開始するには [テスト開始] ボタンを押してください。

問題 1.

普通自動車を運転する場合には、たとえ左折をする場合であっても路線バス専用通行帯には入ってはならない。

問題 2.

バス停留所で止まっている路線バスが方向指示器等により発進の合図をしたときは、後方の車はその進行を妨げないようにしなければならない。

問題 3.

安全地帯のそばを通過するとき歩行者がいなかったのでそのままの速度で通過した。

問題 4.

道幅の狭い坂道では下りの車が上りの車に道をゆずるべきである。

問題 5.

ブレーキはむやみに使わず、なるべくアクセルの操作で徐々に速度を下げてから止まるようにするとよい。

問題 6.

1図の標識は駐車禁止区間の始まりを表している。

1図

問題 7.

前方の自転車横断帯を自転車に乗った人が横断しようとしていたが、そのまま通過した。

問題 8.

車は横断歩道の手前で停止している車の側方を通過してその前方に出るときは一時停止をしなければならない。

問題 9.

車の運転者は定められた速度の範囲内であれば、道路や交通の状況、天候等を考えて運転する必要はない。

問題 10.

2図の標識は近くに学校・幼稚園・保育所等があることを表しており、子供の飛び出しに注意しながら運転する必要がある。

2図

問題 11.

車は横断歩道とその手前から30メートル以内の場所では他の車(軽車両を除く)を追越すことは禁止されているが、追抜きは禁止されていない。

問題 12.

3図の標識は一方通行を表している。

3図

問題 13.

黄色の灯火の点滅信号は、歩行者や車両等は他の交通に注意しながら進むことができる。

問題 14.

長い下り坂を通行するときはマニュアル車では低速ギヤでエンジンブレーキを活用し、オートマチック車はチェンジレバーを2かL(Sか1)にしてエンジンブレーキを効かせる。

問題 15.

ひとり歩きの子供のそばを通るときは、徐行するだけではなく必ず一時停止しなければならない。

問題 16.

携帯電話の着信音は運転の妨げになるので、出発前に電源をきるかドライブモードに設定しておく。

問題 17.

黄色の中央線は追越しのために右側部分にはみ出すことを禁止している。

問題 18.

右折や転回をしようとする合図は、その行為を行う約3秒前にしなければならない。

問題 19.

4図の標示は駐車禁止を表している。

4図

問題 20.

停止距離は路面の状態や荷物の重さなどにも影響される。

問題 21.

対面する信号が右折を示す青色の灯火の矢印の場合には自動車は矢印の方向に進むことができる。

問題 22.

車は歩行者の通行や他の車等の正常な進行を妨げるおそれがあるときは横断や転回及び後退をしてはならない。

問題 23.

運転者が危険を感じてからブレーキをかけ、ブレーキが実際に効き始めるまでの間に進む距離を制動距離という。

問題 24.

狭い道路を通行中、盲導犬をつれた人が歩いていたので安全な間隔をあけて徐行した。

問題 25.

5図の標識は車両のみが通行止めであることを表している。

5図

問題 26.

普通免許を受けた初心運転者は660cc以下の普通自動車を運転する場合でも、その車の前後の定められた位置に初心運転者標識を付けなければならない。

問題 27.

見通しのよい曲がり角では注意をすれば徐行しなくてもよい。。

問題 28.

ハンドル操作と速度には密接な関係があるので徐行をすれば内輪差は生じない。

問題 29.

6図の標識は車両進入禁止を表している。

6図

問題 30.

交差点やその付近以外の道路で緊急自動車が近づいてきたときは左に寄って進路をゆずらなければならない。

問題 31.

同一の方向に三つ以上の車両通行帯があるときは、自動車は最も右側の車両通行帯は追越しのために空けておき、速度の遅い車が左側、速度が速くなるにつれて順次右側寄りの車両通行帯を通行する。

問題 32.

同乗者のシートベルトやチャイルドシートの着用は運転者の責任である。

問題 33.

道路に面した場所に出入りするために歩道や路側帯を横切る場合には、明らかに歩行者がいないときは一時停止しなくてもよい。

問題 34.

他の車が右折するため道路の中央(一方通行の道路では右端)に寄っている場合を除き、追越しはその左側を通行してはならない。

問題 35.

バス、路面電車の停留所の標示板から30メートル以内は追越し禁止場所である。

問題 36.

7図の標示が示す時間帯にその道路を通行中に後方から路線バスが近づいてきたので、すみやかに他の通行帯に進路変更した。

7図

問題 37.

交差点以外で横断歩道等がない場所において、警察官が手信号により停止の指示をしているときの停止位置は警察官の1メートル手前である。

問題 38.

8図の示す専用通行帯であっても、指定された車と小型特殊自動車、原動機付自転車及び軽車両は通行することができる。

8図

問題 39.

右左折をするときの合図は、右左折しようとする地点から30メートル手前から行う。

問題 40.

マニュアル車の場合で運転者席を合わせるときはクラッチを踏み込んだときにひざがわずかに曲がる程度に合わせるとよい。

問題 41.

交通整理の行われていない道幅が同じような道路の交差点では、右方から来る車の進行を妨げてはならない。

問題 42.

初心運転者標識や高齢運転者標識を表示している車を追越したり、追抜いたりしてはならない。

問題 43.

9図の標示は前方に横断歩道や自転車横断帯があることを示している。

9図

問題 44.

内輪差とは、車が曲がるときに後輪が前輪より内側を通ることにより生じる。

問題 45.

運転免許は第一種免許、第二種免許、仮免許に区分されている。

問題 46.

10図の標識は「車両横断禁止」区間の終わりであることを表している。

10図

問題 47.

踏切に信号機がある場合は、その信号に従って通過する。

問題 48.

車は道路外に出るために左折する場合にはあらかじめ左端に寄る必要はない。

問題 49.

交通整理の行われていない見通しのきかない交差点は徐行しなければならない。

問題 50.

安全な車間距離とは停止距離と同じ程度以上であるので、路面の状態に関係なく時速60km/hの場合には30メートルぐらい必要である。


お疲れ様でした。「採点」ボタンを押して採点してください。

ワンポイントアドバイス!!
ここをクリックすると解説が見れます。しかし、教本などを使用してご自身で問題を解決するほうが、記憶に残りやすいと思われます。